家族みんなが快適に!高齢者に優しい簡単リフォーム

>

リフォームの歴史と需要

人気リフォームメニューはコレ

リフォームをすると言っても住宅全てを行うのは難しく必要な部分だけ、あるいは優先度の高い部分から少しずつ施工していくのが賢い方法です。
ちなみに高齢者と暮らすにあたって人気の施工と言えば、浴室・トイレのリフォームです。どちらも生理現象になりますし、毎日利用するものです。特に浴室は外との温度差があるとヒートショック現象と言って心臓に悪影響を与えてしまうので、断熱材を導入する施工が人気です。
トイレの手すりについても安価で出来ますし、足腰に負担がかからなくなるので浴室と同じくらい人気の施工だと言えます。他にも段差をなくし車いすでの歩行がしやすい様にしたり、転倒防止のリフォームだったり様々な施工があります。

小さな施工が大きな安心を産む

まだ介護やバリアフリーが不要な私達にとって、これらの施工がどの程度大切なのかは分かりません。しかし実際に利用する側からするとほんの小さな施工でも、大きな安心を与えてくれるのであるだけで心強いと感じてくれる様です。
住宅だけでは無く店舗でもバリアフリーに特化したリフォームをしているところもありますし、モデルルームなどでもバリアフリーがオプションでついてくるところもあります。これから日本は3人に1人は60歳以上になるといわれているので、出来るだけ早くリフォームをしておく事をおすすめします。
ちなみに施工をする際は自分達だけでは無く、設備を利用する介護者の意見も聞き入れた上で施工するとトラブルやリスクを回避出来ます。


この記事をシェアする

トップへ